交通安全教室を実施しました

2014.11.14 12:52:36

子どもたちが自分の判断で危険を回避できることができ

たったひとつの大切な命を守るために

中央小学校では、毎年「交通安全教室」を実施しています。

特に子どもたちに身近な「自転車の点検の仕方・乗り方」について

岸和田警察署や市役所の方々、地域の交通安全指導員の皆様より

実地訓練を踏まえながら、具体的にご指導・ご助言をいただきながら、

交通安全についての知識と技能を学びました。

 

近年では、子どもたちが被害者となるだけでなく

危険な自転車の運転により歩行者にケガを負わせるなど

子どもが加害者になる事案などが大きな社会問題となっております。

こういった安全学習の機会を通じて

各ご家庭におかれましても、今一度、交通安全の大切さや

危険回避の必要性について、真剣に話し合っていただければ幸いです。

 

ビデオ教材にて、危険な行為等について学んでいます。

 

大切なルールなどは、警察官の方から再度、指導していただきました。

 

自転車点検の合い言葉は「ハラブッタベサ」です。意味はお子様にお尋ねください。

 

「青信号で渡るときでも、車の安全確認をわすれないように」と教えていただきました。

 

「自転車は軽車両である」という意識を、子どもたちに育むことが大切です。

ご家庭でも、ご指導のほど、よろしくお願いいたします。